新しい時計ブランド スマートウオッチ

いま新しい形の時計が、フォッシル、ゲス、ヒューゴ・ボス、トリーバーチというブランドから登場しようとしています。

スマートウオッチ、それはスマートな時計であり、見た目、今まで存在している時計ともなんら変わりはなく伝統もしっかり重視している感じです。

新しい未来のスマートウオッチ

新しい未来のスマートウオッチは、健康状態や睡眠データなども集め、大事な通知が届いたら振動で教えてもらうことができます。

もちろん、スマートウオッチは時計であり、正確な時間を私達に教えてくれることでしょう。

しかしスマートウオッチに対して、いろいろな機能がプラスα付け加えられるほど、時計ブランドってなんだろうという気持に立ち戻されることがあるのではないでしょうか。

時計ブランドの伝統とは

果たして、パテック・フィリップやロレックス、ハリー・ウィンストンといった腕時計メーカーが創造して来た伝統というものはなんなのでしょうか。

時計ブランドとは、日用品ではなく、芸術なのではないでしょうか。高級時計ブランドという存在が、私達の日常生活に無縁な芸術を、敢えて日常生活に招いてくれているのです。

ロレックスがスマートウオッチに向き合うのか

いろいろ時計ブランドの未来について考えていると、ロレックスが、スマートウオッチを創造するのかということまで考えてしまうのです。

ロレックスはスマートウオッチを創造するかもしれません。

しないかもしれません。

果たしてロレックスのスマートウオッチとはなんなのでしょうか。

一体何を意味しているのでしょうか。

Android Wear搭載スマートウォッチはどれも似たり寄ったり

はっきりと言って、Android Wear搭載スマートウォッチはどれも似たり寄ったりという感じで、半年程度経過してしまえば、時代遅れとなる傾向が顕著です。

ですから、スマートウオッチは、更に未来に突き進んでいかなければならないと焦っているのかもしれません。

しかし、時計ブランドに存在している伝統とはもっとスローペースで、確実に何かが積み重なって成長しているのです。

時計ブランドの今まで存在していたものと、スマートウオッチの進む道は、水と油の世界という感じもしないではありません。

しかし、スマートウオッチも同じ時計ブランドであり、過去存在している時計ブランドとは仲間同士のはずです。

未来に突き進む、スマートウオッチは果たして今まで存在している「時」を語ってくれているのでしょうか。